忍者ブログ
 
2018.07│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

仕事が本格的に忙しくなってきました。
みなさん如何お過ごしでしょうか? どうも、鴉です。


さて、今秋のアニメも出揃いそろそろ皆さん好みが分かれてくる頃だと思いますが
私が今秋で一番オススメしたいアニメ・・・ガールズ&パンツァー
ご存知の方もいると思いますが・・・何を隠そうこの私、ミリタリーオタクでもあるのです

そしてこのガールズ&パンツァーは女の子達が戦車を操って戦争ごっこするアニメ
でも戦車の細かい動作や特徴などをしっかり映写されてて戦車好きにはたまらないアニメ
となっております

そんなそして何よりもアツイのが私が一番好きな戦車、「Ⅲ号突撃砲」が出てくるのです
今回はその通称「Ⅲ突」の愛称で知られるこの戦車について私の想いを書き綴ってみます


まずはこれがⅢ突です
189.jpg




実物の写真は分かり辛かったのでプラモ写真引っ張ってきました
第二次世界大戦時にドイツで生産された戦車です

さてこのⅢ突、写真を見ておや?と思う方もいるかと思います
そう、Ⅲ突最大の特徴は砲塔がないのです

普通の戦車はこんな感じで車体の上に回転する砲塔が装着されています
190.jpg



砲塔があることで車体を動かさずに省スペースで静かに標的に照準を合わせることが
できるなど、さまざまなメリットがありますがⅢ突にはその砲塔がありません

その為、Ⅲ突は照準を合わせるには車体そのものを標的に向ける必要があるのです
戦車としては致命的な欠点になる場所ですが、あえて砲塔を無くすことでその分
車高を低くする事ができるのです
また砲塔というパーツは戦車の中でも非常に重量のあるパーツな為、これが無いⅢ突は
とにかく軽い、だから加速がいいのです
背が低く、加速がよく高機動性を生かした奇襲や突撃作戦などに多く投入されました
また小さく軽量という事はそれだけ量産向けでもあったため、第二次世界大戦において
ドイツ軍が生産した戦車の中で最も多く作られた戦車でもあります


ただⅢ突は私のようにコアなファンも多いのですが・・・
戦車オタクの間でも賛否両論ある戦車でもあります

その理由は名前からあるように、戦車としての冠を掲げた車両ではないという事
最も量産された軍事車両でありながら戦車という名前はつかないのがⅢ突なのです

それもそのはず、普通の戦車は戦車部隊に配備されるのですが、このⅢ突は元々は
地上歩兵部隊に対して火力支援を目的に作られたサポート車両なのです
だから戦車部隊ではなく砲兵科に所属していました

後期型になるほど火力不足を補うため主砲が大きくなり、対戦車としての活躍も
しましたが、元々は動く砲台であって戦車ではなかったのです

しかーしっ!
戦車の中の戦車、ティガー戦車やパンター戦車などの高級高火力戦車などと違い
量産され、いつも歩兵部隊の隣にいて頼りになるこの車両だからこそⅢ突の愛称で
呼ばれるほど信頼された車両でもあるのです

・・・
・・・・・・
・・・・・・・・・・うん、まぁあれだよね
誰もここまで読んでくれた人居ないよね

分かっちゃいるんだけどネ・・・


長くなっちゃったけどガールズ&パンツァー見てね!
愛くるしいⅢ突が出てるので♪
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
←No.91No.90No.89No.88No.87No.86No.85No.84No.83No.82No.81